[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[12] お悔やみ申し上げます。 投稿者:設楽です。 投稿日:2017/03/18(Sat) 18:12  

突然の訃報に、ただただ驚いております。
心よりお悔やみ申し上げます。

埼玉で、ゴール地点で走り終えた皆様のお身体を診させて頂いておりました際に、様々御指導頂きました。
極寒冷下における持久的スポーツに発生する循環障害、筋疲労に対する回復のヒント。何度助けて頂いたかわかりません。
2015pbpでは、Loudeacで逆に稲垣さまに施術する事となり、なにやら医学実技試験に臨むかのような緊張感もありました。初心に帰れとの言外の御指導だったのかもしれません。
稲垣さまに頂いた、数えきれない医学の知識と機微。
これを、今後も自転車での目標達成、疲労回復、負傷治癒を目指す皆様を支えること。
学生達に還元し、新たな医療者を育てること。
この二つを以て、恩を還させて頂きたく存じます。

貴重な先輩を失ったことを悲しんでいるばかりでは、稲垣さんは喜ばないでしょう。

後は、お任せ下さい。

安心して観ていて頂けるよう、より腕を磨いて2019pbpに参ります。


[11] R.I.P. Chiesa del Ghisallo, Museo del Ciclismo Ghisallo 投稿者:Ichiro Noda 投稿日:2017/03/18(Sat) 08:07  

Micky Inaさんこと稲垣 照聡 (いながき みつあき)氏の突然の悲報を受け取りました。
多くのランドヌールがそうであるように、私も個人的におつきあいをさせていただいた1人です。昨年の1001 miglia Italiaではギザロの教会と博物館に稲垣さんを案内させていただくことが出来ました。今回の悲報は同博物館にも連絡、稲垣さんの名を同博物館に永遠に記すことができたと思います。
ご冥福をお祈りします。悲しい!

https://www.facebook.com/museodelghisallo/?pnref=story


[10] U.S. Randonner 投稿者:Bill Watts 投稿日:2017/03/18(Sat) 04:28  

I have met Micky a few times, but really got to know him on the Super Brevet Scandinavia. On that ride, my lights quit working, and Micky lent me his. He was a wonderful man: generous, helpful and always cheerful, even when the going was tough. I sent my condolences to his family, to Audax Japan, and to the many friends he had all over the world.

http://http://bill-watts.blogspot.com/


[9] 心よりお悔やみ申し上げます 投稿者:服部 真 投稿日:2017/03/18(Sat) 02:33  

突然の訃報にただただ驚いております。
稲垣会長とは、2月19日、SR600に関連した理事会でお会いしたばかりなので、未だに信じられない思いです。
謹んで哀悼の意を表し、ご遺族の皆様には心からのお悔やみを申し上げます。

私が稲垣さんと初めてお会いしたのは、ブルベを始めたその年の9月。まだブルベも2回目の初心者でした。
経験の薄い駆け出しの若造を相手に、稲垣さんの方から気さくに話しかけてくださり、その後も度々、ブルベやその他の場でお会いすることがありましたが、その度に面白く深くためになる話を教えてくださったり、時に厳しく指導いただいたりと大変お世話になりました。今でも私はブルベの師匠と勝手に思っております。

私事が長くなりましたが、今週末3/19のBRM319宇都宮400km銚子の開催については、スタッフ間での議論はありましたが、このような場合に稲垣会長ならきっと「開催しろ」と言われたと思いますので、予定通りに開催させていただきます。
ブリーフィング前に一同で黙祷を捧げさせていただくとともに、希望者には喪章を配布する予定です。
また、スタートとゴールの受付には色紙を用意し、参加された皆さんにメッセージを書いてもらい、後日ご遺族にお届けしようかと思っております。

一方で、稲垣さん程の超ベテランでも事故を避けられないという事実を我々は重く受け止めなければならないと思います。
私自身も更に安全意識向上に努めるとともに、参加者の皆さんにも、くれぐれも安全運転 それだけでなく、更に防衛運転を常に心がけていただくよう喚起していこうと思っております。

http://www.aj-utsunomiya.org/aju/


[8] President of Randonneurs USAからの追悼文 投稿者:田中 投稿日:2017/03/17(Fri) 21:00  

We of Randonneurs USA wish to express our heartfelt condolences at the loss of Mitsuaki "Micky" Inagaki in yesterday's crash on the New Zealand 1200.

A number of our members have ridden with Micky on randonnees in the US and abroad, and counted him as a friend.

Our thoughts are with you, his family, and friends.

Sincerely,

-john lee ellis

President of Randonneurs USA, for the RUSA Board


[7] お悔やみ申し上げます 投稿者:ランドヌ東京 津村 投稿日:2017/03/17(Fri) 20:19  

稲垣会長が事故で亡くなられたとの悲報を受け、大きな衝撃を受けております。謹んで哀悼の意を表し、ご家族の方々に心からのお悔やみを申し上げます。

当クラブのBRMへの参加申し込みを頂いていたのでお迎え出来るのを楽しみにしていたこともあり、大変残念でなりません。稲垣会長のブルべやブルベを愛する人々に対する想いを受け継いで、クラブの運営を進めて参ります。今までの日本の、そして世界のブルベに対する数々のご尽力、真にありがとうございました。

ランドヌ東京 スタッフ一同



[6] 稲垣会長の訃報に接し 投稿者:清水 投稿日:2017/03/17(Fri) 16:00  

埼玉清水班、清水です。
稲垣会長の悲報に接し、とても信じられない状態でした。
12日の日曜日に2年ぶりに同清水班スタッフの菅田さん、川田さんと真壁城の試走をしている時にNZで走られている事を聞いたばかりでした。
まさかこんな事になるとは。。。
残念でなりません。
会長のお顔、お元気な姿が偲ばれます。
心より敬意を表し、お悔やみ申し上げます。


[5] お悔やみ申し上げます 投稿者:野田雅彦 投稿日:2017/03/17(Fri) 15:49  

2010年からBRMに参加しています。今回の事故のことは本当に驚きました。inaさんとは2010年のアタック磐梯山でご一緒して以来ブルベのことをいろいろ教えて頂きました。ありがとうございました。本当に優しく・強い方でした。謹んでお悔やみ申し上げます。


[4] Randonneur Holland 会長からの追悼文 投稿者:井手マヤ 投稿日:2017/03/17(Fri) 14:42  

With a shock we learned this morning about the horrible accident which took away one of the most cheerful and
joyous randonneurs of the international randonneur field, Mitsuaki Inagaki . As Dutch randonneurs we learned to know him during the Merselo-Verona 1200 in 2014. He was a positive character in the main bunch and a tireless rider. He will be greatly missed in the international randonneur peloton. Our condoleances to his relatives and the Japanese randonneur community. Ivo Miesen chairman of Randonneurs Nederland


[3] お悔み申し上げます 投稿者:加藤 孝 投稿日:2017/03/17(Fri) 14:17  

AJ元会長の加藤です。
突然の悲報に本当に驚いています。
昨年の北海道1200qのお手伝いに行った際にお会いしたのが最後になりました。お元気だったのに・・・・言葉がありません。心からお悔やみを申し上げます。
ニュージーランドでの事故と聞き、何年か以前私の近所のサイクリストがやはりNZでサイクリング中に乗用車にはねられ、その後帰国してから亡くなられた事故を思い出しました。
NZは好きな国の一つですが、こう知人の自転車事故が多いと・・・。



[1] [2] [3] [4]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -